2008年12月31日 (水)

2008年音楽総括

さっそくいきます。

まずは2008年ベストアーティスト

ノミネートはASIAN KUNG-FU GENERATION THE BACK HORN Mr.Children  Perfume  Superfly  いきものがかり フジファブリック ポルノグラフィティ 斉藤和義 9mm Parabellum Bulletの10組です。

ガッチガチの本命揃いですが受賞は…

ASIAN KUNG-FU GENERATION

フルアルバム2枚、ミニアルバム1枚の働きは評価せざるをえまい。

  

続いて2008年ベストソング

ノミネートはASIAN KUNG-FU GENERATION「未だ見ぬ明日に」KOH+「最愛」Mr.Children「HANABI」Perfume「チョコレイト・ディスコ」Superfly「愛をこめて花束を」いきものがかり「プラネタリウム」キマグレン「LIFE」ポルノグラフィティ「Love,too Death,too」斉藤和義「やぁ 無情」9mm Parabellum Bullet「Vampiregirl」の10曲です。

受賞は…

Mr.Children「HANABI」

何が凄いって16年やっててまだこんなのやれちゃうのが凄い。

  

続いて2008年ベストシングル

ノミネートはBase Ball Bear「changes」Mr.Children「GIFT」Perfume「love the world」SCANDAL「DOLL」Superfly「愛をこめて花束を」いきものがかり「気まぐれロマンティック」ポルノグラフィティ「ギフト」斉藤和義「やぁ 無情」凛として時雨「Telecastic fake show」9mm Parabellum Bullet「Supernova/Wanderland」の10枚です。

受賞は…

Base Ball Bear「changes」

一番盛りだくさんな内容だったと思うのだよ。

  

最後に2008年ベストアルバム

ノミネートはASIAN KUNG-FU GENERATION「ワールド ワールド ワールド」THE BACK HORN「BEST THE BACK HORN」BUMP OF CHICKEN「present from you」Mr.Children「SUPERMARKET FANTASY」Perfume「GAME」Superfly「Superfly」いきものがかり「ライフアルバム」フジファブリック「TEENAGER」斉藤和義「歌うたい15 SINGLES BEST 1993-2007」9mm Parabellum Bullet「VAMPIRE」の10枚です。

俺の中ではダントツの受賞は…

Mr.Children「SUPERMARKET FANTASY」

16年目にして最高傑作だぜ。

  

ミスチル2冠です。主観ですが。

ライブチケットは未だ取れていない…

  

いけますように。

いろんなことが来年いけますように。

そして一年間かかわってくれたみんなありがとう。

来年もよろしく。

良いお年を。

| | コメント (14)

2008年12月21日 (日)

ロミオとジュリエット

「恋の軽い翼でこの塀を飛び越えてきました!

石の壁なんかに、恋を閉め出す力はないのです!」

こんな風にカッコイイセリフを口にできる男じゃない。

わかってる。

ザラザラした拙い言葉ばっかり、それさえも詰まり詰まり。

情けない男なんだよ。

ごめんよー。

こんなのが好きになっちゃってさー。

しかもメチャクチャに重く深く。

殺されたって文句は言えないわぁ。

つってるそれがもう重いわぁ。

どうしようもねぇな。

露ほども諦めてない自分がいるんだ。

未練みれんミレン。

女々しいったらありゃしない。

辛いなぁ。

全部抱え込んでここまできても誰にも何も話せないくだらないプライド。

それもまた悲しいなぁ。

誰か救ってくれよ。誰かわかってくれよ。

「誰か」なんて言って、君じゃないとダメなんだよ。

想い重い。

自分でわかってるだけに困ったなぁ。

  

それでも人の幸せは嫌いになりたくない。

ちゃんとそれを一緒に喜べる人間じゃないと。

いつか報われたらいいなぁ。

  

「SUPERMARKET FANTASY」は最高傑作だったね。

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

SUPERMARKET FANTASY前夜

いよいよ明日。

フライングゲットしてまいります。

ワクワクがとまらねぇ。

「エソラ」はすでに神曲に認定済みだし。

いよいよ「Q」を越えてしまわれるのだろうか。

もうコンセプトとか気にしませぬよ。

ただただ曲のクオリティを求めまする。

うわー、早くほしい。聴きたい。

ライブにも行きたい。

ちくしょー、ミスチルめ。愛してるぜー。

| | コメント (0)

2008年11月25日 (火)

その空間、非現実感

ようやく言えた。

タイミング、場所、言葉、その他諸々オールが最悪だったような気がする。

けど言えた。

結果はどうあれ、人として一歩前進なんじゃないかな。

久しぶりに生きてる感じだ。

この想いはどこまで深く潜っても偽りひとつないはず。

愛してるはず。

とりあえずはテストを乗り越えよう。

| | コメント (0)

2008年11月20日 (木)

根性無し俺、あほぼけかす

動けねぇなら、曲なんかつくるんじゃねぇよ。

詩でしか想いを伝えらんねぇなら、生きてたって仕方ねぇんだって。

メロディーに乗せなきゃ口に出せないなら、どっちにしたって人間としては終わってんだよ。

何もない自分で、勝率無視ではっきり言えないなら、

誰とも関わらずに呼吸だけしてろ。

現状に何も感じないなら、いっそもう死んでろよ。

応えろ。

| | コメント (42)

2008年10月 8日 (水)

でたらめでもいいから

自分の考えを信じて、対決していけば、世界が変わる。

あの人が言ってた。

信じるしかねぇじゃん。

もうこの気持ちを隠してる場合じゃねぇんだ、きっと。

  

修学旅行に行ってきた。

やっぱり友達と色々喋ってさ。

彼女いる奴もいない奴も思いを晒して、ぶつけ合って。

すっごいガキの発想だけど、熱くていい話をホントたくさんして。

自分の中でどんどん霧が晴れていって。

もう抑えつけてる場合じゃないなって。

ホントに好きなんだよなって。

そしたら凄い不安になってきて。

誰かに取られちゃうんじゃないかって。

アイツはバンド内は止めとけって言ってたけど。

こわくて、こわくて。

ボーッとしてたら泣きそうだから。

言うよ。

  

「何でお前に彼女がいないの?」って一緒に喋った友達に次の朝言われた。

どういう意味なのか、俺は捉え違えたかもしれないけど。

嬉しかった。

そのときは言えなかったけど「ありがとう」

俺は君たちはホントに素敵な関係だと思う。

君たちの幸せは、俺の幸せ。

  

俺も、君も、色んな思いを抱えているから、

ふたりで立ち向かわなきゃいけないものはとても多いのかもしれないけど。

そんなんも全然関係ないわ。

君と見たいものだけが世界だ。

何がどうあったって君が好きだ。

| | コメント (0)

2008年9月 9日 (火)

それでも前を向いて

文化祭が終了してしまいました。

うー

覚悟していたとはいえやはりモチベーションの低下は否めませぬなー。

先の見通しも立たず、立てないまま来てしまったし。

さぁこれからどうしよう?

まぁこんなこと独りで考えても何の意味もないのさぁ。

みんなで色々考えなくちゃあな。

残された時間を無駄にしないように。

戻ってくることが有意味だと思えるように。

  

でだ、文化祭。

楽しかったなー。

最高に幸せで、最低に不幸せだったのだ。

楽しくないはずがなかったよ。

いやいや訂正。

これまでのこと、状況、これからのこと、

全部含めて結局あの瞬間はどうしようもなく幸せだったのだ。

不幸せではない。

だって終わるのがイヤだったのだもの。

イヤだから泣いていたんだもの。

終わっても独りステージに座っていたんだもの。

あんなに女々しい自分は初めてだったのだもの。

なかなかに勇退させてあげられたんじゃないかなぁ。

まぁ、これで繋がりが切れたなんてこれっぽっちも思っちゃいないし。

上手くいけばこれから何十年と一緒にやってきたいと思ってさえいるんだ。

うーん、世界は素晴らしい。

やっぱり、どうしてもさ。

愛してるよ。

  

とりあえず、金曜を楽しみに日々をこなそう

| | コメント (0)

2008年8月29日 (金)

いなくなってから気付くんだ

そんな悲しいことばっかりだ。

まだ俺たちには時間が残されてると思ってた。

先のことにばかり目がいってた。

今を見る前にその向こうに輝かしいものを想像してばかりで。

どうすればよかったんだろう。

気付いていたら違ったんだろうか。

後悔すべきなのか、すべきでないのか。

ただ確かに後悔している。

甘えていたんだ。

君があまりにも凄い人だったから。

何もかもをあまりにも軽やかに、誰にも努力を見せずに乗り越えてしまう人だったから。

君がいなくなる以上に大きなことが見当たらない。

未来への扉は閉ざされようとしている。

時間がない。

君を最高の形で送り出してあげたいのだけれど。

君がいなきゃ力もない。

どうしたらいいんだろう。

君の未来に、俺たちの未来に、何が出来るんだろう。

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

来るべきその日のために

今日、とても大きな軽音楽部の大会に出場してきました。

なんというか、とても楽しかった。

あんなキャパのステージで演奏できたことがまず誇りです。

結果は散々だったけど、これまでの音楽人生の中でも

あれ以上の経験はなかなか見当たらない。

あの瞬間、俺たちは間違いなく「生きて」いた。

音楽をやること、演奏すること、何があっても止めたくないなぁって。

そればかり考えていました。

だから。

目標ができました。

二年後、十代最後の年に

開催されるであろう「閃光ライオット」に出場すること。

ファイナルに進出すること。

グランプリまではまだ考えてない。

ただ少しでも多くの人の前で音楽がしたい。

そのためにはもっともっと良い曲を書かなきゃいけない。

俺の大好きな最高のドラマーが、思わず素晴らしいドラムを叩いてしまうような。

俺の大好きな最高のギタリストが、思わず素晴らしいギターを弾いてしまうような。

やらなくちゃいけない。

もうひとつ。

浪人したら音楽やってる場合じゃなくなっちゃうから。

絶対現役で大学行きます。

目標は下げない。乗り越える。

  

今日、泣いてしまった言葉があります。

「こんな音楽が生まれてくるこの世界を、それでもきみは最悪だと思うだろうか」

やっぱり世界は最悪じゃなかった。

生きていて、ホントに良かった。

今も涙が止まらない。

どんな言葉を置けばいいのか全然わからないけど、みんなありがとう。

愛してるよ。

  

そして。

俺が世界で最も尊敬し、最も愛すべき最高のヴォーカリストへ

今俺は、泣きながらただ君と音を鳴らすことだけを考えています。

この日記を見たら連絡ください。

いろんな話を君としたい。

来るべきその日のために

| | コメント (13)

2008年8月 3日 (日)

心のドアーをノックして

深層心理が「ハーイ!」って顔出して

何考えてるか全部喋ってくれたら面白いしわかりやすいんだけど

自分が自分以上の語彙を持ってるはずもないし

もっと言えばわかんないところも含めて自分についてわかんないことはないのかもしんない。

楽しくて嬉しくてドキドキして仕方ないから

不安で悲しくて切なくて仕方ない。

なんて贅沢な悩みなんだろ。

やれないことはどうせやれないじゃない。

やれることはやろうじゃない。

できないことはやってみるまでわかんないんだから

とりあえずやりたいことをやってみればいいじゃない。

世界がそんなに俺にだけ厳しいはずもないんだから。

なんてのはわかってることなんだけどなぁ。

そう簡単にはできることじゃないなぁ。

それとも簡単にできたら人生なんてつまんないかぁ?

でもたまにはつまんなくていいんじゃないかぁ?

そんなに困難ばっかじゃ早死にしちゃうでしょ。

なんて言うだけ言って結局何もできないんだろうかなぁ。

止め止め。

そんなこと言うのは止め。

やってやろうって気持ちだけはもっていようじゃない。

いや、やってやる。

今だけは自分で自分を褒めて伸ばしてやろう。

いや、それはいつもか。

  

どうでもいいけどやっぱり「ドア」より「ドアー」ってほうが

俺の語感には合ってて好きです。

| | コメント (9)

«愛してって言ってくれ